スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

pingoo!ブログ・CMSを更新するたび、リアルタイムに一斉送信。国内最大Ping配信サービス

pingoo!
世界最大級、ブログ記事配信サービス『pingoo!』を登録しました(・へ・)
 
【登録方法】
①会員登録する(一般無料)、※有料版もあります。
●登録情報(ニックネーム、ブログのURL、メールアドレス、パスワードなど)
●アンケート(選択式(3問))
②ブログへのping設定をする
ping送信先URLを環境設定の変更→ブログの設定→更新情報(ping)の設定で追加する。 (FC2ブログの場合)

Pingoo!とは
あなたのブログ記事を配信するサービスです。
Pingoo!は、あなたがブログで更新した記事を、Pingサーバーとよばれる検索エンジンや
ポータルサイトなど新着記事を掲載させるウェブサイトへ一括配信するサービスです。
あなたがブログに記事を投稿するたび、たくさんのPingサーバーで掲載されるようになりますので、
より多くの人があなたのブログにアクセスしてくれるようになります。
Pingサーバーって?
ブログが更新されたことを通知する機能をPing(ピング/ピン)と言います。
そしてこの更新通知を受けるウェブサイトのことをPingサーバーと言い、今では検索エンジンや
ブログランキング、ブログポータルサイトなど様々なPingサーバーが登場してきています。
つまり、あなたがブログで書いた記事をPingサーバーで紹介してくれているのです。
Pingサーバーへ記事を掲載するにはPing送信の設定が必要です。
そしてそれらを代行しているのがPingoo!なのです。

Pingoo!ご利用のメリット
あなたのブログ記事をたくさんの人に見てもらえるようになります。
Pingoo!を利用すると、たくさんのサイトにあなたの書いた記事が掲載されるようになりますので、
アクセスUPやSEO対策に効果を発揮します。その他、会員専用の管理ページを利用すれば、
送信先の追加や送信結果が閲覧できるなど、ブログを運営する上で便利な機能を利用することが
できるようになります。

一括配信でアクセスUP!! あなたのブログへのアクセスが増える!
●Ping送信することにより、たくさんのポータルサイトからアクセスされるようになります。
●検索エンジン(yahoo!やgoogleなど)にも掲載、反映されるようになります。
●Pingoo!を続けるほど、被リンク数も増えますので、SEO対策の効果を発揮します。
※SEO対策=検索エンジンの検索結果上位に表示させる対策。
Ping送信先の追加も無制限! Ping配信先が無制限に追加できる!
●Ping設定数に制限のあるブログサービスでもPingoo!を利用すれば、何件でも配信できるようになり、
Pingoo!のユーザー専用管理ページをつかって、登録制のPingサーバーやブログランキングなど、
どんどん登録できます。
●ブログ更新時に、設定している全てのPing送信先に送信されるまで時間がかかっていたものが、
Pingoo!への送信ひとつで済みますので、更新にかかっていた時間を短縮することができます。
送信結果もCheckできる! Ping送信の履歴を確認してどこに掲載されたかチェックできる!
●履歴を確認できるので、どこにPing送信されたか把握できます。
●逆に、載せて欲しくないPingサイトにPing送信されていたかどうかわかるので、載せて欲しくない
PingサイトにはPing送信しないように設定することができます。

こんな人におすすめ!
もっと、記事を見て欲しいと願う全てのブログユーザーに。
日記やアフィリエイト、ECサイト運営の方からCMSを使ってウェブサイトを開設している企業の方まで、
ブログの機能を持つ全てのサイトを対象にブログ運営を成功に導くサービスを提供しています。
●もっとブログへのアクセス数を増やしたい。
●もっとブログにコメントが欲しい。
●アフィリエイトの収入を増やしたい。
●使っているブログのPing送信先に制限があり困っている。
●Pingに関する設定を一括管理したい。
●たくさんのポータルサイト(Pingサーバー)に参加したい。
●短期間で成果を上げたい、早い反応が欲しい。
●サービスや商品をリアルタイムに発信していきたい。
●もっと多くの人にサービスや商品を知って欲しい。

こんなサイトにおすすめ!
●個人のブログ
●アフィリエイトなど商品を紹介しているブログ
●Eコマースなど、インターネットで商品を販売しているサイト
●企業のホームページ、ブログ
●キャンペーンサイト

CMS (CMSとは・はてなキーワード)
Content Management System の略。コンテンツ管理システム。
まさしくその名のとおりサイトのコンテンツを管理するシステムで、今までの
「テンプレートを開いてそこに内容を書き込み、HTMLを作る」「リンクを確認する」
「FTPを使ってアップロードする」といったいわば決まった作業をを簡素化したりするものである。
現在は、Webブラウザ上でログインし、ブラウザ上で書き込んだり更新したりする、
といった使い方をするものが一番一般的なイメージのCMSである。広義ではこのはてなダイアリーも
コンテンツ管理システムといえ、XoopsやZope、Open CMSなど専門のCMS以外にも、Wikiや各種Weblog、
日記システムなどが含まれる。
このほかには、表示させたりするメニューの部分、装飾の部分と、まさしくその内容となる
「コンテンツ」を分離するといった利点や、管理システム側で制限や機能をつけてやることによって、
あまり知識のない人などが参加するサイト構築などでもフォーマットの統一が容易であるなどの
点などなど、利点は多数あり、近年の大規模なサイトは必ずCMSといえるシステムを導入している。
さらに最近ではIT産業ではない企業のWebSiteなどでもCMSの導入が進んでいる。
一口にCMSといっても、blogツールやWiki,Xoopsなどに代表されるサーバインストール型のほかに、
企業が提供するASP型、ローカル(サーバ機ではなくユーザーが利用するコンピュータ)でサイトを
生成しアップロードする形など、さまざまな種類がある。
近年こうして「CMS」といった言葉と共に注目されるようになってきてはいるが、
この概念はこの言葉が有名になる以前からあったものであり、nDiaryなどのような形で自作の
プログラムによってHTMLを生成してサイトを作っていた人は多いようである。
狭義では、複数のユーザーが1つのサイトを作り上げるようなシステムという定義もある。
これはCMSが話題になるきっかけがそのようなユーザを管理し、多数のユーザで作り上げるシステム
(Xoopsなど)が脚光を浴びたということに由来すると思われる。
 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

SEOkeyword
  • seo
Categories...

openclose

QRコード
QR
コードをリーダーで読み取ると 携帯で御覧頂けます。
PS3 Trophy Card
yuia
クリックでページに飛びます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。